ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • お水取り
    おみずとり

    お水取りとは、奈良県の東大寺二月堂で実施される行事「修二会」(しゅにえ)の呼称。修二会の本行が例年3月1〜14日に開催され、お水取りは12日後夜に始まる。752年(天平勝宝4年)以来続く伝統行事であり、天下泰平や五穀豊穣を祈る意味合いを持つ。12日にお水取りの行列が始まると、先頭に灑水器と散杖を持った咒師、うしろに牛玉杖と法螺貝を持った北二以下5人の練行衆(れんぎょうしゅう)が続く。大きな松明に火を灯し、奏楽のなか、行列は興成神社で祈りを捧げ、さらにお水取りの井戸がある閼伽井屋(若狭井)へ向かう。汲み上げた水は「香水」と称される。本行の途中で、燃えさかる松明が舞台の欄干に掲げられる「おたいまつ」と呼ばれる有名な場面があり、このときに降り落ちる火の粉が無病息災をもたらすと言われ、多くの参拝客が集まる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る