ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 経典
    きょうてん

    経典とは、仏教の教祖である釈迦の教えを集約させた書物のこと。単に「経」と称されたり、「スートラ」、「スッタ」とも呼ばれたりする。狭義では仏典のひとつとされ、広義では仏典と同義で使われることがある。仏典は仏教の聖典であり、律・経・論と言う「三蔵」の構成をなす。律は出家した修行者が守るべき規則や道徳、論は律と経の注釈や解釈を集めた物である。経はもともと「我は(釈迦から)こう聞いた」から始まる「釈迦の口説」をまとめた文献のことを指す物であった。この経をまとめた物が、厳密な意味での経典とされる。ただし、大乗仏教などで経典が数多く作られた経緯から仏典その物の三蔵構造が崩れ、仏典を経典と表現することも増えた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る