ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 結跏趺坐
    けっかふざ

    結跏趺坐とは、仏教やヨガにおいて採用されることがある座り方のひとつ。坐禅のときに用いられる。仏はこの座り方をよくすることから、仏坐、如来坐、円満坐結跏とも言う。あぐらのような姿勢に見えるが、右足はコウを左脚の太ももの上にのせ、左足のコウは右脚の太ももの上にのせるように組む。ひざが浮かないように尾てい骨と両ひざで正三角形を作り、その中心に重心を落とすように座るのがポイント。左右どちらの足を上にしても良いが、右足が上になると「吉祥坐」、左足が上になると「降魔坐」と名称が区別される。座禅を行なうときにこの結跏趺坐が難しい場合は、左足のみを右の太ももの上にのせる半結跏趺坐(はんかふざ)でも良い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る