ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 散華
    さんげ

    散華とは、仏教において個人を供養するために、花をまき散らす行為のことである。仏や菩薩が天人たちを引き連れて死んだ人を極楽浄土に迎えにやってくるとき、それを褒め称えるために大衆や天部の神が華を降らした、と言う故事にちなんで行なわれている。もともとはハスの花びらをはじめとする生花が使われたが、次第にハスをモチーフにした色紙で代用されるようになった。こうした紙の花を、法要のときには何千枚も御堂の屋根からまくことがあり、風情ある情景を生む。寺院によっては有名な画家が描いた原画をもとにした木版を印刷し、記念品として販売することもあり、散華を収集するファンも存在する。また、散華は戦争に行なった人が若くして戦死することを婉曲に表現するときにも使われる言葉である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る