ご希望の神社・寺・教会情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

神社・寺・教会

神社・寺・教会用語集

神社・寺・教会用語集 神社・寺・教会用語集

文字サイズ

  • 鎮座
    ちんざ

    鎮座とは、一定の場所に降り立ち、鎮まるように動かない状態にあること。基本的には、神道において特定の土地に神を祀ることを意味する。神道の神とはその地域の氏神であったり、神話の神であったり、源義経や徳川家康など故人であったりと様々。また、神社を創建するのと同様の意味でも鎮座が使われる。例えば、日本神話のなかで天照大神(あまてらすおおみかみ)は、安住する地を求めて各地を巡って神社を建てたが、最終的には伊勢神宮の土地に鎮座をした。これが伊勢神宮の創建と同じ意味を持つ。神の鎮座についてはより敬意を表する「御鎮座」と言う語が使われることも多い。こうした神道にまつわる「鎮座」から転じて、一般の人間や物などがひとつの場所にどっしり構えて動かずにいる状態のことを指して鎮座と言う場合もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の神社・寺・教会を検索できます。

キャラ一覧

ページ
トップへ
ページトップへ戻る